2017年05月06日

SMCC(Senyo Mixed Chorus Club)の同窓会

プライベートで大阪に。
前回は濃霧で遅延。今日はお天気が良いので安心していたら、予定の飛行機が「2時間30分遅延」と掲示。
でも、大阪には新幹線より早く着くので諦めて待つことに。そしたら、すぐ下にJALの伊丹行きを発見。1席だけ空いてました。大阪行きは100席未満。しかもゴールデンウィーク。奇跡です。整備不良が理由なので、追加料金はありませんでした。

MOLDIV (2).jpg

懐かしい泉陽高校に来ました。今日は高校時代のクラブの同窓会。26期から35期まで50人以上が集まりました。28期の先輩が企画をしてくださいました。1年生の時の3年生の先輩です。
クラブの練習で学校の外周を走っているのをみて、体育の時間に1周700mの外周を走るのが、苦痛だったことを思い出しました。そんな私が今はフルを走っているなんて。

MOLDIV (3).jpg


泉陽には大先輩、与謝野晶子の碑「君死にたまうことなかれ」があります。

MOLDIV (4).jpg

SMCC(Senyo Mixed Chorus Club)の同窓会。

1部は泉陽高校の同窓会館でコーラス三昧。気持ちだけは高校時代の私。大きく違うことは、老眼がないと楽譜が見えない。でも、高校時代にいつも歌っていた歌は、楽譜を見なくても出てきますね。そして、ソプラノだった私はもう高い声は出ないけど、歌っているつもりになれるのが合唱のいいところ。

2部はお食事会。同期生が1つのテーブルに集まることができました。私以外今もコーラスを続けていました。40年近く趣味を継続しているのはすごいですね。
最後は歌声喫茶になっていました。

MOLDIV (1).jpg





posted by yoshimi at 08:33 | TrackBack(0) | 日記

2017年04月19日

歯科衛生士専門学校時代の想い出

 久しぶりに仕事で大阪歯科大学の天満橋学舎へ。卒業後、病院は綺麗になったけど、歯科衛生士専門学校は学生時代そのままの懐かしい教室。この教室で学んだ最初の学年でした。
 母校はあと2年で閉校。今年から4年生大学がスタートしました。卒業生としては発展することはうれしいけど、母校がなくなるのは少し寂しいかな。
MOLDIV (1).jpg

 天満橋の駅に降りたとき、造幣局の通り抜けの看板。今日が最終日だとか。「ラッキー」と思ったのも束の間、仕事が終わったときには土砂降り。でも、久しぶりに緑の桜が見たくて行ってみました。学生時代に友人達と行った懐かしい思い出。そのときは往路の桜よりも復路のお店が目的だったかも。新幹線の時間があったので、入り口付近で写真を撮ってすぐに引き返しました。

MOLDIV.jpg
posted by yoshimi at 20:22 | TrackBack(0) | 日記

2017年04月09日

認知症と口腔機能

 臼杵市で打ち合わせ。認知症と口腔機能の関係を調べるための調査。新潟大学医歯学総合研究科の小野 高裕教授から、認知症と歯数の関係の論文はすでにあるので、口腔機能の評価がいいというアドバイスをいただき、集団で実施可能な評価方法もご教授いただきました。その方法で勧めることができるかどうかを歯科医師会の先生とご相談。

 昼に立ち寄ったお店は満席。時間待ちの間に近くの臼杵公園でお花見。日曜日なのでお花見の人もいっぱいでした。私もおいしい物を食べて大満足。本当はお花見ランがしたかったのですが、この土日は仕事。来週だったら、もう遅いだろうな。

DSC_0436.JPG桜.jpg
posted by yoshimi at 20:01 | TrackBack(0) | 日記

2017年02月24日

悩んだときに答えをさがすためのレシピ

昨年、九州地区大学図書館合同キャンペーンに応募した「ブックレシピ」を見つけました。
委員として義務だったのですが…。
悩んだときに答えをさがすためのレシピ」として3冊の本を紹介しています。
その中の1冊は老子の道(タオ)をわかりやすく表現している本です。
「求めない すると心が静かになる」。
今も心が疲れたとき、自分に言い聞かせています。


レシピ.png

posted by yoshimi at 14:07 | TrackBack(0) | 日記

2017年02月05日

認知症の妻を介護する絵本

すてきな本を見つけました。

「とても温かでとてもせつないきみの絵本」
(原作/ジュヌヴィエーヴ・カスターマン 文/さだまさし)

認知症の妻を介護する夫のカンガルーの絵本
とても暖かい絵と言葉で綴られています。

とても愛していた妻の介護に疲れ心中を考えた夫が、昔の妻の言葉を思い出しました。
「『夜の悩みごとなんてなんにもならないわ、明日太陽を見たらよい考えが浮かぶわよ』って。」

「よし きみが忘れたすべてを 僕が覚えていよう!」
「きみと共に生きることができた奇跡へ 僕の一生の感謝を込めて」

本(表).jpg
posted by yoshimi at 20:57 | TrackBack(0) | 日記