2018年01月04日

HPの裏のプロフィールを更新

SUMIDA Yoshimiのホームページの裏のプロフィールに「第二志望の人生」を追加しました。

「第二志望の高校で大切な出会い」
「第二志望の進学から違う形での夢の実現」

自分の歩みを振り返ってみると第二志望の人生でした。
でも、第二志望で選択した道が、今の人生にとても大きな実りをもたらせています。
詳細はHPをご覧下さい。


posted by yoshimi at 18:07 | TrackBack(0) | 日記

2017年08月11日

パッチアダムス

先日TVでパッチアダムスが放映されていました。
映画館で見たのは18年前。
他のパンフレットは処分したのに、このパンフレットだけは研究室に。

DSC_0883.JPG


実在の医師を映画化した作品です。
パターナリズムの医学教育が行われた時代、患者の前で病状や治療の説明をする医師に、医学生のパッチは患者の名前を質問。小児科病棟でパッチがピエロのようにおどけ始めると、無邪気に笑い出すこどもたち。食事ができなくなり衰弱していく老女の「ヌードルでいっぱいのプールで泳ぎたい」という夢を叶えたり。これも実話だとか。

<パンフレットより抜粋>
 「シャドヤック監督は彼の功績について、『笑いや思いやりが、医療効果も上げるということを発見した先駆者的存在だ』と語る。(中略)今では、いわゆる気持ちの持ちようで、エンドルフィン(モルヒネのような作用を持った生体内ポリペプチド)の流出が促されることは、医療上の常識となっている。」

posted by yoshimi at 18:01 | TrackBack(0) | 日記

2017年07月23日

大震災と口腔ケア

 新潟県中越沖地震から10年。先週、新潟の地でこのニュースを聞きました。
中越地震と中越沖地震。震災直後から新潟大学歯学部、日本歯科大学新潟生命歯学部、新潟県歯科医師会、新潟県歯科衛生士会の合同チームで口腔ケアの支援にでかけたことを思い出しました。口腔ケアをお話のきっかけとして、避難されている方のさまざまなお話を聞かせていただきました。

20170716_193257.jpg

神戸市のHPより
「平成7年の阪神・淡路大震災による死亡者6434人のうち、圧死などの直接死は5512人。震災後2カ月以内に死亡した「震災関連死」922人の中で、最も多かったのは、肺炎による死亡者223人(24%)でした。
入れ歯の紛失、水不足による口腔清掃不良、劣悪な避難所の生活環境などにより、誤嚥性肺炎をおこしたことが大きな要因です。
その教訓を踏まえ、9年後の中越地震では、肺炎予防のための被災者への口腔保健活動が組織的に行われた結果、肺炎死亡は、非常に低く抑えられました。」


阪神淡路大震災での震災関連死のグラフ
posted by yoshimi at 21:25 | TrackBack(0) | 日記

2017年07月08日

大学院生と学部生の交流会

午前中は大学院の説明会。
土曜日ということで社会人入試を考えていらっしゃる方が参加してくださいました。

午後は大学院生と学部生の交流会。
1部は大学院に関する情報交換。
2部は現役生からのスウェーデンの海外研修で学んだことの報告と、修了生からの修士論文の発表。
交流会は院生の手作りお菓子やパンでおもてなし。

20170708_170454.jpg
posted by yoshimi at 21:40 | TrackBack(0) | 日記

2017年06月29日

湯布院のフクロウの森

湯布院のふくろうの森へ行ってみました。TVで見たら行ってみたくなる性格。
ふくろうに触れることができます。とてもおとなしくて触っても動きません。

20170629_181059.jpg

そして、オレンジを容器にしてそのまま飲めるフレッシュジュース。
写真撮影の為にこぼしたら、もう1つ作ってくださいました。


20170629_181741.jpg


ちなみに、大分に来て「由布院」と「湯布院」があることを知りました。高速道路のゆふいんインターチェンジは「湯布院」、JRのゆふいん駅は「由布院」。由布院温泉の住所は、「由布市湯布院町」だそうです。


posted by yoshimi at 18:29 | TrackBack(0) | 日記