2018年10月02日

九州・山口 口腔ケアシンポジウム in別府


九州・山口 口腔ケアシンポジウムin別府
シンポジウム「在宅医療の最前線〜在宅がん医療を多職種で考える〜」のシンポジストとして発表する機会をいただきました。

「質的研究による口腔がん患者へ心理社会的ニーズの明確化 〜口腔機能障害による生活支援の課題〜」

(抄録)
2012年のがん対策基本法の改正により、「がんになっても安心して暮らせる社会の構築」が目標に追加され、治療から生活、社会へと施策の対象範囲が広がった。しかし、口腔がん患者の生活支援や心理社会的支援に関する研究が多いとはいい難い。
 我々が行った質的研究では、口腔がんは一般的ながんと同様の問題点とともに特有の問題が生じていた。特有の問題として、摂食嚥下機能低下により日常生活に制限が生じたり、友人との食事を避けるなど社会的関係が減少している人もいた。構音機能障害では聞き返される経験が精神的苦痛となったり、社会的関係に影響していた。また、口腔がん患者は他のがんよりも離職率が高いという報告もある。しかし、仕事を継続している人にとって、がんのことを忘れる時間となっていた。
歯科専門職と福祉職の連携し、口腔がん患者への生活支援体制を構築することが急務だと考える。

スライドの一部抜粋


表紙.JPG

口腔・咽頭がんは全がんの2%
他のがんと同じ問題以外にも、口腔機能障害により口腔がん特有の問題があります。

発症率.JPG


口腔・咽頭がんの10年相対生存率は53.6%。
口腔がんの後遺症とともに「生きる」ことを支援する必要があります。

生存率.JPG


口腔がんの方への質的研究(現在論文を投稿中)
話すこと、食べることの障害により社会関係が減少していました。

StageV、Wの口腔がんの人の53%が離職しています。
がんの就労支援は、MSWにとって大切な仕事の1つです。

就労.JPG



別府シンポジウム表.jpg
  

  
posted by yoshimi at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 研究
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184581821
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック