2018年03月15日

名古屋ウイメンズマラソン

ずっと参加したかった名古屋ウイメンズマラソンに、ようやく参加できました。

年末に足を故障し、不参加も考えました。でも、ある病院の理学療法士さんに出会えたことで、スタートラインに立つことができました。

走れない時期も3月の出場を想定したリハビリ。走り始めたときには痛みがあるところを伝えると、その理由を説明してもらえるので、筋力低下などが原因の怖がらなくていい痛みと、走ることを控えたいい痛みを理解して練習できるので安心。そして、理学療法士さんに「大丈夫」と言ってもらえることが、なによりも安心。

ゴールできるかなという不安を抱えての出場でしたが、大会直前に「大丈夫。ご褒美をもらいましょう」と言ってくださったことが大きな力に。でも、大会が終わってケアに行ったときには、「どうかな?って思ったけど、背中を押して送り出したの」と。

「走りたい」という気持ちに寄り添いながら、最善の方法を考えてくださる理学療法士さんに出会えて良かったです。

20180312_171518.jpg



長距離の練習ができなかったので、とても長い42.195キロの旅でした。
でも、今の自分にできる範囲で「楽しもう」と。無理はしないで。

個人的な応援はないはずの大会で、思わない応援が。
EXPOで知り合った高齢のご夫婦が、30キロ付近で名前を書いたカードを持って応援してくださるというので、近づいてきたときから沿道を捜しながら走り、見つけたときにはうれしさでいっぱいでした。

また、東京の知り合いが応援に来ていて思わぬ再会。20キロ付近で見覚えのある「のぼり」をみて私から声をかけ、疲れ果てている34キロ付近では、遠くから名前を呼んでくださり、イチゴとパイナップルの差し入れを。
名前を呼んでくださる応援は、とても大きな力になりますね。

そして、念願の完走賞のティファニーをもらうことができました。ミーハーにもタキシード隊と記念撮影。

20180313_160220.jpg
posted by yoshimi at 01:11 | TrackBack(0) | ジョギングノート
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182690031
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック