2017年04月19日

歯科衛生士専門学校実習生の不安軽減のための介入研究

 日帰りで大阪出張。朝は濃霧で大分空港が閉鎖。なんとか遅れないで大阪歯科大学歯科衛生士専門学校に到着。
 長年、専門学校の先生と行っている臨床実習に対する学生の不安に関する研究の1つ。今日は大分大学福祉健康科学部心理学コースの岩野卓先生に臨床実習直前の3年生に「不安とのつきあい方」についてお話をしていただいいたり、グループディスカッションをしたり。

1.学生へのフォーカスグループインタビューによる教育改善(2007年〜2009年)

 複数の学年に対し2年生の臨床実習の見学実習終了時、3年生の臨床実習終了時、および就職後1年目に継続的な聞き取り調査を行うことで、教育改善とその効果について検討してきました。教育改善効果は証明できたのですが、教育改善後も依然として実習開始直後の不安が学生によって語られました。


2.心理検査による不安の変化の検討(2013年〜2015年)

 2年生の見学実習前、3年生の実習前、実習中中期、実習終了後に心理検査を行うことで、不安の追跡調査しました。また、心理的支援が必要な不安の強い学生をスクリーニングするために、学生の性格特性やストレスコーピング特性との関連について調べました。不安は3年生の実習前が一番強く徐々に弱くなるのですが、神経症傾向のある学生は臨床実習中期でもまだ不安が強い状態でした。


3.臨床心理士による集団介入(2017年)

 今年は臨床実習での不安とつきあいながら実習効果があがるように、臨床実習開始直前の3年生に臨床心理士による集団介入。後期までに3回の介入を予定しています。今までよりも、うまく不安とつきあうことができたらいいのですが。
posted by yoshimi at 20:15 | TrackBack(0) | 研究
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179494131
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック