2019年02月20日

口腔がん患者のアイデンティティの再構築をめざして

堀ちえみさん、口腔がん公表 「力いっぱい闘う」

朝日新聞DGITAL 2019年2月19日

タレントの堀ちえみさん(52)が、自身のブログで口腔(こうくう)がんで治療中であることを公表した。19日に入院し、22日に手術を受ける予定。ブログによると堀さんは、昨年夏ごろから口内炎の治療を受けていたが症状が悪化。今年に入って痛みが激しくなったことから検査を受け、病院で診断を受けた。左首のリンパにも転移しステージ4で「かなり厳しい状況」としながら、堀さんは「力いっぱい闘って、必ず戻って来ます」と闘病への決意を語っている。


DSC_0146.JPG


3年間、口腔がんの患者さんへの聞き取り調査を行っていました。堀ちえみさんの舌がんの記事を見たとき、この報道をその方々がどのように読まれているのかと、少し複雑な気持ちになりました。

(日本学術振興会科学研究費補助金基盤研究(C)2016年〜2018年度)
報告書にリンク(2016年 2017年


小林正治教授(新潟大学大学院医歯学総合研究科組織再建口腔外科学分野)とご一緒に研究を行っています。口腔がんは一般的ながんと同様の精神心理的,社会的問題とともに,摂食嚥下障害や構音障害など口腔機能障害など特有の問題が生じます。そのため、医療・福祉の専門職として、口腔がんを発症し人に対する生活を支えるための支援や心理的な支援を明らかにすることを目的としています。

 

posted by yoshimi at 02:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記